小悪魔に いいように振り回される 大人たち

我が家のアイドル桜文鳥のニコ。

女の子ですがアグレッシブで、餌を変えてあげようと籠に手を入れると、すごい勢いでつついてきます。

「餌が欲しくないんかい!」

とんだじゃじゃ馬ですが、縄張り意識の強い文鳥。

怒ったところで通じるわけもなく、チッと舌打ちをしながらお世話をさせていただいております。

ひなの時から育てているのでとても人懐っこく、そばに来てくれる姿を見れば頬が緩み、舌打ちしたことなど忘れてしまう…

飼い主バカという事ですね(笑)

年末からの春までのこの時期は巣作りシーズン。そろそろ終盤ですが、まだまだ暗くて狭い場所に興味津々。

先日は主人の袖の中へ…入り口をくちばしでグイグイ広げて、潜り込んでいきます。

岐阜県関市 整理収納アドバイザー KuraRaku 片づけ 整理整頓

そのまま肘のほうまで潜っていきました。

追い出しても再挑戦。

岐阜県関市 整理収納アドバイザー KuraRaku 片づけ 整理整頓

そして最後は疲れたのか、定位置である主人の手の中へすっぽり収まり、頭の後ろや頬をなでなでされた後、そのまま握って籠へとご帰還願います。

岐阜県関市 整理収納アドバイザー KuraRaku 片づけ 整理整頓

我が家の文鳥は「ベタ慣れ」の「握り文鳥」なので、可愛さもひとしお。

あちこちに糞をされようが、指のささくれをちぎられようが、キーボードをたたくのを邪魔されようが、名前を呼ぶと鳴いて返事をしてくれれば全てを許してしまいます(笑)

「ニコ、恐ろしい子」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です